⑫ 染色

ルクソール ファスト ブルー(Luxol Fast Blue:LFB)染色

ルクソールファストブルー(Luxol Fast Blue)で髄鞘を青く染める。

クリューバー・バレラ染色(KB染色)に用いられる。

染色手順

① 脱パラフィン、水洗
② 95%アルコール
③ 0.1%LFB液50〜60℃、一晩
④ 95%アルコール1〜3分、余分な液を落とす
⑤ 流水洗
⑥ 0.05%炭酸リチウム水溶液(分別)5〜20秒
⑦ 70%アルコールⅠ〜Ⅲ槽(分別)Ⅰ、Ⅱは1分程度、Ⅲは様子を見て引き上げる
⑧ 検鏡分別が不足なら⑥からやり直す
⑨ 流水洗重染色の場合はここから次の染色に続く
⑩ 脱水、透徹、封入

0.1%LFB液(濾過して使用)

Luxol Fast Blue1g
95%アルコール1000ml
10%酢酸5ml

LFBの種類

現在、神経病理解析室で使用しているLFBは以下の3つ。製品によって、色調や色の落ちやすさ等が異なる。しかし、どの製品を使用しても、鏡検しながら分別をすることで最終的に得られる染色像を同じにすることができる。

製品名製造会社入手状況
Luxol Fast Blue MBSN
(Solvent Blue 38)
EM SCIENCE販売中止
Luxol Fast Blue MBSCHROMA販売中止
Solvvent Blue 38
(Luxol Fast Blue MBSN)
SIGMA入手可

染色操作のポイント

手順 ③

手順 ⑥

※ この程度色がついたら液を交換する。

手順 ⑦

手順 ⑥ 〜 手順 ⑨ 解説ムービー


※このムービーの再生ブラウザにはFirefox、Safariをおすすめします。

手順 ⑥ 〜 手順 ⑨ 解説イラスト

分別のポイント

分別の程度の例

筋萎縮性側索硬化症、脊髄側索:髄鞘が脱落している。

過度な分別

一見きれいに分別されているように見えるが、髄鞘が脱落している部分で見えるような、髄鞘の破壊産物までもが分別されてしまっている。

適度な分別

一見、分別が足りないように見えるが、適度な分別である。髄鞘が脱落している部分の基質が白く、ところどころに髄鞘の破壊産物が見える。

分別不足

全体的に青い。もう少し色をおさえないと、どれが髄鞘の破壊産物かわからない。