⑫ 染色

ホームズ(Holmes)染色

大塚長康(1960). 京都府立医科大学誌, 68, 1125. 参照

Holmes(1943)は、すべて無機の安定した試薬を使用して神経突起を鍍銀するホームズ法を開発した。一方、神経突起の鍍銀法として広範に用いられてきたボディアン法は、使用するプロテイン銀の品質によって、著しく染色結果が左右されるという欠点を持つ。ホームズ法はこの欠点を補う点で、ボディアン法の代替法として利用できる。

染色法

① 脱パラフィン、水洗
② 蒸留水
③ 第1回鍍銀・20%硝酸銀水溶液37℃ 3〜5時間
④ 蒸留水簡単にすすぐ
⑤ 第2回鍍銀・鍍銀液37℃ 16〜20時間
⑥ 還元液10分(水洗することなく還元)
⑦ 流水洗、蒸留水
⑧ 1%塩化金水溶液10分
⑨ 流水洗
⑩ 2%シュウ酸水溶液10分
⑪ 流水洗
⑫ 定着液(5%チオ硫酸ナトリウム水溶液)3分
⑬ 脱水、透徹、封入

鍍銀液

ホウ酸・ホウ砂緩衝液(pH8.2)20ml
0.5%硝酸銀水溶液1ml
10%ピリジン水溶液1ml
蒸留水100ml

ホウ酸・ホウ砂緩衝液の調整

pH0.2Mホウ酸(ml)0.05Mホウ砂(ml)
7.8164
8.0146
8.2137
8.4119
8.7812
9.0416

還元液

ヒドロキノン1g
無水亜硫酸ナトリウム5g
蒸留水100ml

染色のポイント