⑫ 染色

クリュ-バ・バレラ(Klüver-Barrera:KB)染色

クレシルバイオレットによるニッスル染色とLFBによる髄鞘染色の重染色。

詳細はニッスル染色 LFB染色 の各項を参照。

染色法

① 脱パラフィン、水洗
② 95%アルコール
③ 0.1%LFB液50〜60℃、一晩
④ 95%アルコール1〜3分、余分な液を落とす
⑤ 流水洗
⑥ 0.05%炭酸リチウム水溶液(分別)5〜20秒
⑦ 70%アルコールⅠ〜Ⅲ槽(分別)Ⅰ、Ⅱは1分程度、Ⅲは様子を見て引き上げる
⑧ 鏡検分別が不足なら⑥からやり直す
⑨ 流水洗
⑩ 0.1%クレシルバイオレット水溶液37℃、5〜10分
⑪ 95%アルコール+10%酢酸適量(分別)10秒から10分程度、様子を見ながら
⑫ 100%アルコールⅠ〜Ⅲ槽(分別)1分程度ずつ
⑬ 鏡検分別が不足なら⑪からやり直す
⑭ 脱水、透徹、封入

染色結果

LFB染色のみ、もしくはニッスル染色のみよりも、神経細胞や髄鞘の色合いは異なってくる。特に、髄鞘の色合いの変化は大きく、LFB染色ではエメラルドグリーンに染まるが、KB染色では紺色になりコントラストがよりはっきりとする。

染色態度

KB染色は、ニッスル(Nissl)染色のクレシルバイオレットと、ルクソールファストブルー(Luxol fast blue)の2重染色。クレシルバイオレットは粗面小胞体(ニッスル小体)を青紫色に染める。ルクソールファストブルーは髄鞘を青色に染める。ルーペ像では、灰白質は薄く濁った青色に染まる。白質は鮮やかな青色に染まり、白質の脱落病変を検出することが容易となる。