HOME > 本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
<<< Top

トリプレットリピート病/脊髄小脳変性症31型(SCA31)

ライソゾーム異常症/GM1ガングリオシドーシス

周産期脳障害/大理石紋様状態

てんかん外科病理関係/ラスムセン症候群

脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患/ペリツエウス・メルツバッヒャー病

ウイルス性感染症など/先天性サイトメガロウイルス脳炎

ウイルス性感染症など/先天性サイトメガロウイルス脳炎

サイトメガロウイルス(cytomegalovirus)による脳炎である。子宮内で胎児に感染する先天性のサイトメガロウイルス感染症は、致死的になるか、あるいは死に至らずとも胎児脳は小頭症になる。脳内には石灰化が生じる。多小脳回を認める。

一方、成人期での感染は全く先天性のものとは異なる。悪性腫瘍、慢性炎症、エイズを始めとする消耗性疾患に伴って日和見感染として発症する。ウイルスは神経細胞、アストロサイト、上衣細胞の核に感染し、核小体より大きなサイズの特徴的な核内封入体を形成する。

  • 側脳室壁が石灰化している。
  • 側脳室壁が石灰化している。
  • 石灰化が広汎に形成されている(HE染色)
  • 大脳皮質に形成異常を認める(KB染色)
  • 白質に著明なグリオーシス(ホルツァー染色)