HOME > 本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ

肉眼所見(マクロ)、染色標本のルーペ像(全体像)、顕微鏡所見(ミクロ)を総合的に判断して病理診断をします。肉眼所見でほぼ診断が推定される疾患や、肉眼所見はほとんどないけれど特徴的なミクロ所見で初めて診断がつく疾患など、病理診断へのアプローチは多岐に渡ります。中枢神経系の特徴は、他臓器に比べて局所的な構造が複雑である、という要素がありますので、神経解剖に精通していないと面倒に感じることも多いと思います。

と、皆が言いますが、本気を出せば、そんなに難しいことではありません! やるか、やらないか、だけです。少しずつ、本気でやってみませんか!?

Try now !

pick up content 41

13 その他の代謝異常・中毒など

ファー病8/2 up

pick up content 42

14 周産期脳障害

新生児低酸素性脳症8/12 up

pick up content 43

15 脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患

急性散在性脳脊髄炎8/23 up

pick up content 44

16 ウイルス性感染症など

狂犬病9/1 up

pick up content 45

16 ウイルス性感染症など

亜急性硬化性全脳炎9/13 up

pick up content 46

17 非ウイルス性感染症など

急性化膿性髄膜炎9/20 up

お試し期間(Try now!)が終わったピックアップコンテンツは、無料のeラーニングシステム(Essential Brain Anatomy & Neuropathology;EBAN)の中で繰り返し閲覧することができます。

ぜひ、EBANに登録して他のコンテンツ集ともどもごらんください。本気でお待ちしています!
https://pathologycenter.jp/eban-sample/eban-sample.html ☜☜☜click!

掲載履歴

Next coming !

Coming Soon 1

18 循環障害

アミロイド血管症

Coming Soon 2

19 てんかん外科病理関係

スタージウェーバー症候群

Coming Soon 3

20 頭部外傷

脳幹部損傷(中脳)


今後、掲載予定のコンテンツ一覧

1 運動ニューロン疾患

2 タウオパチー

3 シヌクレイノパチー

4 トリプレットリピート病

5 TDP-43プロテイノパチー

6 プリオン病

7 脳形成異常

8 神経皮膚症候群

9 ライソゾーム異常症

10 ペルオキシソーム異常症

11 ミトコンドリア異常症

12 銅代謝異常症

13 その他の代謝異常・中毒など

14 周産期脳障害

15 脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患

16 ウイルス性感染症など

17 非ウイルス性感染症など

18 循環障害

19 てんかん外科病理関係

20 頭部外傷