HOME > ベーシックコンテンツ:脳の細胞病理

11) 髄鞘の病変

オリゴデンドログリアは神経突起を囲む髄鞘を形成する(有髄線維)。髄鞘が選択的に障害される疾病を脱髄疾患であるが、様々な病因により二次的に障害・破壊されることがある。その場合の基本的な病変は、主たる髄鞘成分である脂質を貪食するマクロファージが出現する。病変が比較的新しいとマクロファージ内に髄鞘破壊産物の小さな塊が見えることがある。

様々な髄鞘病変

テスト動画 from Laboratory of Neuropathology on Vimeo.