HOMEプレゼンテーション > 第102回 日本病理学会総会
第102回 日本病理学会総会
ユビキタス教育ツールとしての脳神経病理データベースの運用
東京都医学総合研究所 脳病理標本リサーチセンター
新井信隆、江口弘美、関絵里香、植木信子、八木朋子、赤沢年一
東京都立神経病院 検査科 小森隆司

目的

東京都医学総合研究所は、平成23年4月に医学系3研究所が統合した新しい研究所であり、脳病理標本リサーチセンターを立ち上げ、都立病院等の施設において、脳神経病理診断の精度向上への寄与を目標に掲げた活動を展開している。本センターには、約5,000例のヒト脳神経疾患の病理標本やブロック、付随する資料などのリサーチリソースがあり、各種神経疾患の病態解明の研究に加えて、医師の専門医取得等の研修や生涯研修に適宜活用してきた。

現在これらの標本をバーチャルスライド機器により高精度スキャンし専用サーバに搭載することにより、「東京都医学研・脳神経病理データベース」を構築しはじめている。

方法

所蔵する脳病理ガラス標本をバーチャルスライド機器により高精度スキャンをした約1,000コンテンツの画像データを、都医学研・脳神経病理データベースサーバに搭載した(http://pathologycenter.jp)。正常像、異常細胞病理像、疾病分類などのチャプターを設定し、それぞれのコンテンツを割り振った。大学での講義やセミナー企画などにおいて、これらのコンテンツを遠隔から操作し、実習用のツールとしてのユーザビリティーを検証した。

結果 a) 利便性のよいコンテンツ集を構築

ファイルサイズはおおよそ100MBから5GBで(平均2GB)、約1,000画像を疾患カテゴリー別、染色別、脳部位別に整理して、約900画像には観察すべき視野・所見の解説を別窓に提示する仕組みを作成した。これらの画像を資源として、各種のユーザー向けのグループループを、NetCommonsを利用して作成し、運用を開始している。現在稼働しているルームには、都立病院用、研究連携のある病院用、医学部教育用、診断標準化用などがあり、学会向けのグループルームも試作・検討している(病理学会用も)。 それらグループでは、それぞれのニーズにあったコンテンツ(バーチャルスライド、動画、テキストデータ等)を編集して搭載している。

結果 b) 様々な実技の動画コンテンツを搭載

ウェブセミナー用の動画コンテンツも搭載した。これはユビキタスに研修を受けることができる動画配信教育コンテンツ(ウェビナー)としての利用を具体化したものである。 病理検査での作業のスキルアップに役立てることが可能である。

結果 c) 染色技術を判り易く解説(動画も)

結果 d) 検討会データをデジタル化(クイズ)

病院で行われている病理検討会などで使われるパワーポイントファイルを、クイズ形式に編集し、サーバに搭載した。これは、基礎的な知識を段階的に確実に習得してゆくステップバイステップな教育コンテンツとの利用が見込まれる。

結果 e) ビギナー向けの基本知識を満載

比較的初学者でも学習しやすい教材を搭載した(ベーシックコンテンツ)。肉眼解剖、染色標本ルーペ像の解剖、細胞別正常像、コア病理画像、及び、基本的な知識のテキスト・イラストデータを提供(フリーアクセス)。

結果 f) 脳神経リモートパソロジー実習を提案中

実習用のグループルームを作成し、パソコンからアクセスしてバーチャルスライド画像を観察する仕組みを構築した。観察対象の解説も付与している。学生に個別アカウントを発行し、小テスト、採点、レポート作成をウェブ上で行える。視聴覚室でなくても、自宅からの実習ももちろん可能である。アカウント有効期間は復習も可能である。

考察・結論

多目的なニーズに対応したコンテンツ集の作成により、脳神経系の基本的な知識を習得し、疾病への理解を深めるユビキタスツールを提供することが可能である。今後、専門医教育、学生教育など、様々なグループ対象にオンデマンドルームを作成してゆく予定である。