HOMEプレゼンテーション > 2018 夏のセミナー
2018 夏のセミナー 神経病理ハンズオン

コンテンツ紹介

On-demand

神経病理解析室では大学の医学部におけるリモートパソロジー実習用に各大学専用のルームを作製している。

リモートパソロジー実習では、大学内のパソコンから脳神経病理データベースにアクセスし、顕微鏡を使わずにWSIを使って病理の実習を行う。
大学の要望などを参考にして、大学ごとのオリジナル教材を作製している。

これは昭和大学で使用した実習ルームの例である。メニューには講義資料の他にZoomifyコンテンツとテストが搭載されている。
テスト問題は以前まで文章のみの問題を提供していたが、今年からZoomify画像を使ったものになっている。この形式に変えたことで、学生が以前よりもしっかり画像を観察するようになり、実習の取り組み方や反応が良くなった。