こつこつ神経病理

学習の進め方

赤枠をクリックすると画像が別窓ででてきます。

黄色矢印で示した○の中を、拡大・縮小しながら観察してください。

次に、下のテストを始めてください。

「始める」ボタンをクリックすると問題が出てきます。

「始める」が表示されない場合はブラウザを再起動させ、履歴を消してください。

他にもやる問

 

大脳皮質(中心前回)

アルツハイマー病を初めとする認知症疾患や正常加齢現象として神経細胞内にリン酸化タウ蛋白の不溶性の蓄積が起き、異常線維形成として蓄積されたものである。嗜銀性を有し、形態な形容として火炎状(flame-shaped)、渦巻き状(globose-shaped)、あるいは細胞内、細胞外などが区別されて表現されることがある。加齢や認知症疾患だけでなく、亜急性硬化性汎脳炎(subacute sclerosis pancencephalitis)、周産期脳障害の後遺症、ニーマンピック病C型(Nieman-Pick disease type C)の年長例、頭部外傷遷延例(ボクサー脳)などでも出現する。


テスト

下記の「□」をクリックすると問題が出てきます。

リンクテキスト

下記の「始める」ボタンをクリックすると問題が始まります。

「始める」ボタンが表示されない場合はブラウザを再起動させ、履歴消してください。

1-003
1661