HOME > 本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
<<< Top

脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患/中心性橋髄鞘融解

その他の代謝異常・中毒など/一酸化炭素中毒

神経皮膚症候群/スタージ・ウェーバー症候群

トリプレットリピート病/ハンチントン病

脳形成異常/福山型先天性筋ジストロフィー

ライソゾーム異常症/異染性白質ジストロフィー

その他の代謝異常・中毒など/乳児型神経軸索異栄養症

神経皮膚症候群/スタージ・ウェーバー症候群

1879年にスタージ(Sturge)が、1923年にウェーバー(Weber)が記載したものである。生来の顔面における三叉神経領域のポートワイン血管腫、半身麻痺、てんかん発作、精神発達遅滞が特徴である。緑内障、牛眼などの眼症状を呈することもある。大脳は萎縮し、石灰化も生じる。脳表面には静脈性の血管腫が形成される。軟膜に黒色腫(melanoma)が発生することもある。

  • くも膜下出血によるヘモジデリンの沈着を認める。
  • 脳表に石灰化も生じている。
  • 脳表に石灰化も生じている。
  • 脳表に血管腫様の血管増生(静脈)と白質に石灰化を認める。(HE染色)
  • 脳表に血管腫様の血管増生(静脈)を認める。(HE染色)
  • 白質に石灰化を認める。(HE染色)