HOME > 本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
<<< Top

その他の代謝異常・中毒など/ファー病

周産期脳障害/新生児低酸素性脳症

脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患/急性散在性脳脊髄炎

ウイルス性感染症など/狂犬病

ウイルス性感染症など/亜急性硬化性全脳炎

非ウイルス性感染症など/急性化膿性髄膜炎

ウイルス性感染症など/狂犬病

狂犬病ウイルスは稀にヒトに感染し非常に高い致死率を示す。大脳皮質神経細胞、脳幹運動神経細胞、小脳プルキンエ細胞が冒される。細胞体内には好酸性のウイルス封入体であるネグリ小体(Negri body)が観察される。

  • 海馬の神経細胞内や神経突起内にウイルス封入体(ネグリ小体)が形成されている。(HE染色)
  • 海馬の神経細胞内や神経突起内にウイルス封入体(ネグリ小体)が形成されている。(狂犬病ウィルス染色)
  • ウィルスが著明に増生(狂犬病ウィルス染色)