HOME > 本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
<<< Top

その他の代謝異常・中毒など/ファー病

周産期脳障害/新生児低酸素性脳症

脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患/急性散在性脳脊髄炎

ウイルス性感染症など/狂犬病

ウイルス性感染症など/亜急性硬化性全脳炎

非ウイルス性感染症など/急性化膿性髄膜炎

脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患/急性散在性脳脊髄炎

ウイルス感染やワクチン接種後に1、2週間で急激に発症する脳および脊髄の炎症性疾患であり脱髄を伴う。早期に死に至った場合は脳浮腫を認めるだけであることが多いが、少し経過した場合は、リンパ球、マクロファージ、ミクログリアなどの浸潤を伴う。ウイルス感染による場合は風疹や麻疹などのことが多い。ワクチン接種によるものは狂犬病(Ravies)のものがよく知れており、視神経にも病変が及ぶことがある。

  • 白質を主体に大脳が著しく腫脹している
  • 白質に広範な脱髄病巣が形成されている(KB染色)