HOME > 本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
本気で中枢神経の疾患病理を学ぶ
<<< Top

その他の代謝異常・中毒など/ファー病

周産期脳障害/新生児低酸素性脳症

脱髄疾患・髄鞘破壊性疾患/急性散在性脳脊髄炎

ウイルス性感染症など/狂犬病

ウイルス性感染症など/亜急性硬化性全脳炎

非ウイルス性感染症など/急性化膿性髄膜炎

その他の代謝異常・中毒など/ファー病

主に大脳基底核(線条体、淡蒼球)、小脳歯状核に著明な石灰化をきたす原因不明の稀な疾患である。孤発性、家族性がある。別名、特発性両側性大脳基底核・小脳歯状核石灰化症とも言う。また、石灰化とともにアルツハイマー神経原線維性変化の出現を合併する場合は、石灰化を伴うび慢性神経原線維変化病(diffuse neurofibrillary tangle disease with calcification; DNTC)という。

  • 両側の基底核に石灰化を認める
  • 基底核に多数の石灰化(HE染色)
  • 基底核に多数の石灰化(コッサ染色)