HOME動画で観る脳脊髄の仕組み> 細胞の異常
動画で観る脳脊髄の仕組み
<<< Top
細胞の異常

マクロファージ

マクロファージは、血液由来の細胞であり、組織破壊産物を貪食します。貪食する破壊産物が脂質成分主体である場合は、脂肪顆粒細胞(fat granule cell)とも言われます。また、赤血球由来のヘモジデリンを貪食したような場合は、ヘモジデリンに鉄が豊富に含まれているため、鉄顆粒細胞(iron granule cell)とも言います。一方、神経細胞が変性した成分を貪食するような病態を神経貪食現象(neuronophagia)と言います。

脂肪顆粒細胞

神経貪食現象

鉄顆粒細胞