HOME脳神経疾患の病理 > 中枢神経系の発生と異常
中枢神経系の発生と異常

神経系の発生と障害

神経系の発生

神経板が陥凹して神経管が形成される
神経管形成 primary neurulation
胎生3~5週
脳胞形成 prosencephalic development
神経管に膨らみと凹みが出来てくる
  • 前脳胞 → 終脳胞(大脳半球)+間脳胞
  • 中脳胞 → 中脳胞(中脳)
  • 菱脳胞 → 後脳(小脳、橋)+髄脳(延髄)
胎生5~10週
神経細胞増殖 neuronal proliferation胎生2~4月
神経細胞移動 neuronal migration胎生2~5月
シナプス形成等 organization胎生5月~出生後
髄鞘化 myelination胎生5月~成人

発生の原因による分類

  1. 遺伝的 genetic
  2. 偶発的 incidental
    1. 虚血 anoxic
    2. 外傷 traumatic
    3. 感染 infectious
    4. 中毒 toxic
    5. その他 others

脳形成の時期による分類

  1. 神経管閉鎖障害
    無脳症、髄膜脳瘤、髄膜脊髄瘤、二分脊椎、キアリ奇形、ダンディ・ウォーカー症候群
  2. 脳胞形成障害
    無前脳胞症、無終脳症、全前脳胞症、脳梁欠損症など
  3. 神経細胞移動障害
    滑脳症(1型、2型)、多小脳回、ヘテロトピア、福山型先天性筋ジストロフィー
    ウォーカー・ワールブルク症候群、孔脳症、片側巨脳症、限局性皮質異形成、
    神経皮膚症候群(結節性硬化症、神経線維腫症、スタージウェーバー症候群)など
  4. 増殖・分化障害
    小脳髄症、有馬症候群、巨脳症、レルミット・ディクロ症候群、ジュベール症候群 など

固体発生の時期による分類

  1. 出生前:prenatal
  2. 周産期:perinatal
  3. 出生後:postnatal